公衆浴場

先に洗う場所

銭湯や温泉、さらにはゴルフ場の大浴場などでの、若者たちの入浴態度や汚さが嫌だ。脱衣すると腰にタオルを巻いたまま、すぐに湯船にドボンドボン入るのだ。しかもその「若者」の年齢層が近頃は、より年上の「大人層」にも上がってきているようだ。当たり前だ、私の年齢も上がってすでに老境の身であるのだから。実は体が汚いまま湯船に入ると、湯の表面に垢の幕が(例えが申し訳ないが、湯葉のような幕が)張り、それが湯船から出る時に体の表面を包むようにまとわり付くのである。だから公衆浴場を出る時も「あがり湯」をきちんとするようにしているのだ。最近のニュースで、若者のまち東京・原宿に銭湯が出来る(出来た?)ことを知った。若者たちにきちんとした入り方を教えてあげられるといいね。